スロット 宵越し 天井

スロット 宵越し 天井

 昼休みの奉仕屋部室――

 前以て昼食後に部室に集まるようにとメールを回しておくと、みんなも察していたのだろう、すぐに昼食を終えて集まってきた

 ジャックの情報を含め、もう一度、弥生に占いの結果を話してもらったあと、みんなは戸惑いを露わにしていた

あなたも好きかも:パチンコ 12時
ジャックの噂は聞いてはいたが、まさか、“それ以外”にも何かがあるなんて

そんな話、誰も信じないだろうが、弥生のことを知っているみんなは黙ってはいられない

 洋一は顔をしかめて腕を組むと、話し終えてじっとみんなを窺う弥生の隣に座っている立花に目を向けた

「その切り裂きジャックとはまた別の何かが起きるってコトはわかったとして……、切り裂きジャックがどんな奴か、とかわからないのか?」「一応、ダチに当たってみるつもりだ

この辺りで起こってることだから、何か情報を掴んでるかもしれない」「女子ばっかり狙うんだよねぇ? かのん、どうしようぅー」「おまえなんか狙うかよ」 不安げに口を尖らせる華音に隣の相川が意地悪く目を細めて突っ込むと、「コラァ」と、対面の加奈が眉をつり上げた

「そんなこと言っちゃダメだよ

ホントに華音ちゃんが狙われたらどうするの?」 険しい表情で注意され、相川は素直に「ごめんなさいでした」と、テーブルにおでこをぶつける勢いで、ふて腐れている隣の華音に頭を下げる

あなたも好きかも:まわる ん パチンコ 大海 物語 3 ボーダー
なんとも情けない姿に勝則は「ったく……」と呆れ気味なため息を吐きながら、スマートフォンで依頼メールを確認していた目を対面で苦笑する優樹に向けた

「今のところ、何か大きな事件に関わりそうな依頼はありませんけど、念のために、注意して取り組んだ方がよさそうですね」 部長が率先してチェックしなければいけないことだが、みんなが先々に動いてくれる

それに甘えた形で、真剣な口調で促された優樹は「うん……」と深刻そうに頷いた

「しばらくの間は、私たち女子は男子と固まって行動した方がよさそうだね……」「生美、一緒にするぞ」 すかさず洋一に誘われた対面側の生美は、呆れ気味にため息を吐いて首を振った

「遠慮しておくわ

あんた、頼りないし、私より先に刺されそうだから」 冷静な面持ちで告げられた洋一は、ガーンッ! とショックを受けてふらつき、「そんなコト言うか!?」と言わんばかりの目で睨む

生美はフン、とそっぽ向いた

 こんな時に何やら険悪なムードを醸し出す二人に構うことなく、大介は弥生に怪訝に眉を寄せた

「その、近隣に敵、ゆうんは……どんなヤツや?」「……その通りです