ブラックジャック 名医泣かせ

ブラックジャック 名医泣かせ

「山口君らしい発言ね」 洋一は「……

へ?」と、瞬きをした

「え? ……え? そうだろ? ……、違った?」「一時期はそういう生徒も多かったわよ

でも、そういう苦情が出だしてから、個室にIDキーを付けて、だいぶ減ったの

だから、今ではそうでもないかな」「……

そ、そうなのかー」 洋一は、みんなからじっとりとした視線を浴びながら「はっはっはー」と、誤魔化すように笑う

あなたも好きかも:聖闘士星矢 スロット スペシャル 不屈
「ま、まあ……そういう話もあるって事で」「じゃあ、今ってなんの問題があるの?」 洋一を無視して生美が訝しげに問うと、美代子は首を傾げた

あなたも好きかも:阿知賀編 パチンコ 甘
「っていうか……どうしてそんな情報が?」「優樹の所に、図書館の個人部屋が何かに利用されてるからどうにかして欲しいって手紙が来たのよ」「……

まだ部活、承認されてないわよね?」「されてないのに、来ちゃったの」「さすが大島さん」と、意味不明に美代子に笑われた優樹は少し顔をしかめた

あなたも好きかも:ラグマス アップグレード スロット
 美代子は「それって……」と、空に視線を向けつつ言葉を続けた

 「たぶん、悪戯のことだと思うわよ」「……、悪戯?」 反町が顔をしかめて繰り返すと、「そう」と美代子は頷いた

「個室を利用していた生徒から苦情が出て来たの

未使用の部屋に入ったら椅子が濡れていた、とか、机に油が塗られてたとか

最悪なのは、勉強中にドアノックされて、出てみたら水とかジュースを掛けられた、とか

いきなりドアが開いて、後ろから頭を叩かれた、とか」「……ひどい」 優樹が少し悲痛な表情で呟くと、「ホントにね」と、美代子もため息混じりで頷いた