ベラ ジョン カジノ 無料 ボーナス

ベラ ジョン カジノ 無料 ボーナス

そして「あはははは……めちゃくちゃだな

 やってることも、行ってる場所も」プカプカ浮かびながら爆笑し始めた

「私の記憶の見せられる分だけ ざっと見せたから」あっさりと訳の分からないことを言ってくる美射にまあ、美射だからなと即座に納得した

ヒハニーキが笑い終るのを待つと彼は、ニヤリと身体で怪しい笑みを造って「……ついていけばいいんだよな? 俺もお前らに」美射が「そうよ

あなたも好きかも:パチンコ リーガル
にゃかちゃんがあなたをここに 導いたってことは、私たちに あなたが必要だってことでしょう?」「だろうなぁ」ヒハニーキはスウッと美射の身体の中へと再び消えた

「さ、行きましょうか」「おい、一人で話を進めんにゃ」ペップが血管を浮きだたせながら美射の肩を手で掴み、止めた

「……幻影のアグラニウスに連れていく仲間が 一人見つかったってことよ」キドは苦笑いしながら「……今、美射ちゃんの脳を通った時に 彼に、ヒハニーキさんに何か、指示を与えたのは分かる

あなたも好きかも:両親 パチンコ
 何を言ったのか、それをはっきりしてほしい」美射はすっとぼけた顔で「体に入れって言ったんですよー

あなたも好きかも:パチンコ 30000発
 他には何もー」ペップが無言で美射の胸ぐらをつかんで睨みつけても、モンスターサイコは横を向いてヘラヘラしている

何故か、閃いた俺はジッと美射を見つめて何を考えているか、初めて集中して予想してみようと思った

こいつの考えなら、俺になら読めるはずだ

「……支配か……シーレラントの支配 そして、あのキドさんの小型ユーフォーの中の人形……

 あとは、ヒハニーキが……何か、知っているな