スロット 設定入れやすい台

スロット 設定入れやすい台

これはどういうことです?」 ファミアの高圧的な視線はリリアに向けられた

「ひっ!?」 リリアはあわあわと隠れる場所を探すが、ここは隠れ場所の無い玉座の間

 ハイドラスの背後に隠れても意味が無いことは、先ほどの光景から明白

 ハーメルト陛下の背後なんて論外

ファミアを止めようとする同じ高貴な服装に身を包んだ少年エリンも該当しない

あなたも好きかも:オンラインゲーム milu
 ファミアやエリンを守るように気配を放っている黒マントの男ユーキルなんて、怖くて近付けないリリア

 しかもリリアは腰を抜かしてしまっている

 だからその場で丸まって身を守ることにした

「た、食べても美味しくありません!」「……」 ファミアは思わず――こいつは何を言っているのかしらと内心思ったことを、「誰かしら? このヘタレ泣き虫は?」 数十倍の悪口と共に尋ねた

あなたも好きかも:ダブル アップ スロット
「ふう……っ!」 それを聞いたリリアは更に涙を滲ませ、ハイドラスはその光景に救われたのか呆れたのか、ため息混じりに答えた

「……そのリリアは別人だ」「? 以前のヘレンという娘もこういう性格ではなかったと思うのだけど……」 南大陸からハーメルトに行く際の別人ヘレンの印象は明るく人当たりの良い性格

 まるで正反対な性格だと批判するが、「そっちではなく、元々のリリアが帰って来たのだ」「は?」 ファミアには鬼塚の話は一切していなかったので、言っていることがわからない

 学園長や生徒達同様に、異世界のことを隠したいと思ったが、ファミアはこちらの嘘など簡単に見抜きそうだったので、ハイドラスは本当の事を説明した――

「――つまり何? わたくしが今まで接していたリリア・オルヴェールはその異世界人で、本物がこれだと……」 ファミアはそう言って、小動物のように怯えるリリアを指差した

「これとか言うな

それでも異世界を渡る魔法を作った天才魔術師だ

それに術式の改変なども行える技量も持つ

優秀なんだ、それでも……」 するとリリアは余計に涙顔になっていく