スロット ジャグラー メーカー

スロット ジャグラー メーカー

 そして、食堂に行き、インベントリから大量のアイテムを食堂のテーブルに並べていく

「こんなにかい! こりゃあ、店で出す以外にも市場に流す分までありそうだ

あなたも好きかも:パチスロ 撤去対象機種
町のみんなも喜ぶよ!」 店員さんはそう言って、俺達に結構な額のシミター専用通貨を払ってくれた

後で、いくらか残して共通通貨に換金しておくことにしよう

「それじゃあ、せっかくだから当店自慢のサボテン料理を食べていっておくれ!」 店員さんがそう言うと、店の奥から複数の男達がやってきて、テーブルの上の食材を回収していった

 そして、待つことしばし

「サボテンのステーキだよ!」 ナイフとフォークを添えて出されたそれは、俺が初めて目にする料理だった

あなたも好きかも:パチンコ店 移動台
「おお、アメリカ国区の珍味じゃな

どれ、どんな味付けかの」 我先にと閣下が食器を手に取り食べ始めたので、俺もステーキを食べ始めた

あなたも好きかも:パチンコ ゲーム フリー
 これは……アボカドみたいにねっとりした食感だな

ソースがいいのか、口の中にさわやかな味が広がった

「うむ、美味じゃの

特にこのソースが絶品じゃ」 閣下も俺と同じ意見だったのか、手放しで料理を褒めたたえた

 すると、店員は得意げな顔をして言う

「そのソース、サボテンの実を熟成させて作っているんだよ

一皿でサボテン全体を味わえるってわけさ!」 チャンプとヒスイさんも気に入ったのか、皿はすぐに空になった

「ごちそうさま」 そう店員に伝えると、店員は「ありがとさん」と言って皿を下げた