パチンコ 心理学者

パチンコ 心理学者

 わかりやすい「梗概(こうがい)」はどのように書けばよいのかを、報告書や論文との比較で見ていきましょう

結論を真っ先に書く 報告書や論文では、結論を真っ先に書きます

 小説でも「梗概(こうがい)」は「どんな物語なのか」という結論を、必ず真っ先に書いてください

あなたも好きかも:プレステ2 中古 ソフト パチンコ
「この小説は、騎士を夢見る辺境住まいの少年が、幾多の戦いを経ることで本物の騎士として人々から認められる、剣と魔法のファンタジー物語です

あなたも好きかも:三重県 パチンコ おすすめ
」 これがわかっていれば、下読みさんは「この小説はそういうお話なのか」と理解したうえで選考に臨めます

 もしわからなければ、一読して内容を正確に記憶しながら読むのは困難ですから、二度読みをする必要が出てきます

つまり「梗概(こうがい)」の冒頭に結論が書いてあるときより選考に二倍の時間がかかるということです

 それが選考で有利に働くと思いますか

明らかに不利ですよね

選考さんに二度手間をかけさせているわけですから

 だから「梗概(こうがい)」では真っ先に「結論」を書いてください

 「結論」がわかれば「この先どう展開するのか」「キャラクターが立っているか」ということに注力して読めます

あなたも好きかも:パチンコ akb スペック
 ただし「結論」から書くのは「梗概(こうがい)」だけです

 小説投稿サイトたとえば『小説家になろう』の「あらすじ」でいきなり「結論」が書いてあったとしたら

あなたはその小説を読んでみようかと思いますか

 読まなくてもどんな「結末」の小説なのか読み手にバレていますから、興醒めもいいところです

「物語の展開」や「キャラ立ち」を見たくて読んでいるわけではありません

「この先、どんな展開になるんだろう」とわからないからワクワク感を味わえるのです

 小説投稿サイトで企画されている「小説賞・新人賞」への応募作には「梗概(こうがい)」の添付が求められます