ちゃま スロット 期待値

ちゃま スロット 期待値

 焦って急ブレーキを始めた装甲列車の進む線路の先にあるのは―――――――放置された状態の、地下鉄の車両だった

 放置されているのだから、搭載されているフィオナ機関からは魔力は抜かれている

しかし、下手をすれば暴発の危険性があるフィオナ機関が稼働していないとはいえ、重装甲の装甲列車が猛スピードで列車に突っ込めばどうなるかは言うまでもないだろう

「夢中になり過ぎたんだよ、バカが」 ちゃんと前を見てろ、くそったれ

あなたも好きかも:スロット ガンダムz
 壁の縁からジャンプし、そのまま瓦礫だらけのホームの上に着地する

でこぼこしたホームに勢いよく着地したせいでバイクがぐらりと大きく揺れ、カノンと一緒に転倒しそうになってしまうが、何とか強引に体勢を立て直してそのままホームから上へと上がるための階段へと突っ込む

 小さい階段をバイクで駆け上がる振動を感じていると、俺たちを追っていた装甲列車がまるで断末魔の絶叫のように、汽笛を鳴らし始める

 やがて減速するための悪足掻きを続けていた装甲列車が、ブレーキをかけたとは思えない凄まじい速度でホームに突っ込んできた

あなたも好きかも:パチンコ 借金 たけし
その後は階段を上っていたせいで分からないけど――――――金属の塊がひしゃげる音や、レールがへし折れるような凄まじい音が階段の上にある改札口まで聞こえてきた

木製の車両が木っ端微塵になる音が駅の中に響き、脱線した車両が壁面に叩きつけられる凄まじい振動が改札口まで揺らす

 駅が崩れ落ちるんじゃないかと思ってしまうほどの振動を感じながら、改札口を超えたところで一旦バイクを止める

 装甲列車に追い掛け回されるとは思っていなかったが、何とか逃げ切ることができた

しかもあんな速度で停車していた列車に正面衝突したのだから、確実に脱線してしまったことだろう

あなたも好きかも:モンテカルロ ルーレット
少なくともあの装甲列車が、進撃する仲間たちに牙を剥くことはない

 息を吐きながら後ろを振り向くと、俺の背中にしがみついていたカノンと目が合った

さすがに装甲列車から逃げながら俺の匂いを嗅いだり頬ずりする余裕はなかったらしく、両手にしっかりと力を込め、まだ俺の背中にしがみついている

「おい、もう大丈夫だぞ」「び、びっくりしましたわ…………もう、お兄様ったら」「でも楽しかったろ?」「え、ええ

でも、お兄様」「ん?」 何の前触れもなく、カノンの小さな唇が俺の唇に押し付けられる

花の香りにも似た匂いが火薬の臭いを吹き飛ばし、彼女の柔らかい唇が先ほどまで感じていた緊張感を完全に消し去ってしまう