浦添 パチンコ店

浦添 パチンコ店

親御さんに心配を掛けるようなことをしてどうする」 大島が少し厳しく言い聞かすと、華音が突然、目に手の甲を当てて「グスグス……」と鼻を啜り出した

「……エグ……

……かのん、怒られちゃう……」 隣にいた生美が「……泣かないの」と、背中を丸めて肩を震わせる華音の腕を撫でた

「だって……

だってぇ……」「……泣いたって仕方ないでしょ

……おじ様の言う通り、私たちに出来るのは勉強することだけなんだから……」 悲しげに囁く生美の言葉に、大島は少し顔をしかめた

 華音はそれでも「エグエグ」と両手で目元を擦る

「だって……だってぇっ……、かのん優樹がいないと寂しいんだもんーっ!」 エーン! と、その場で泣き出す華音に、生美は「よしよし……」と、肩を優しく抱いて頭を撫でる

あなたも好きかも:柏 スロット館
――大島は「う……」と息を詰まらせて少し身を退いた

あなたも好きかも:ジョーズ3 パチンコ デットオアアライブ
 まるで優樹を相手にしているような雰囲気だ

あなたも好きかも:ま ど マギ スロット 動画
「……あいつはおじさん似なんだな」と感じながら、洋一はチラっと一平へと視線を向ける

その視線に、一平は小さく息を吐いた

「……オレ、……このままやと大阪帰らなあかんかもしれへん……」「大丈夫だって

……オレから一平ンとこのおじさんたちに上手く事情説明するしさ」 白川が寂しい笑顔で言うが、しかし、一平は額を押さえてかぶっていた帽子の端を掴むと頭を振った