レイヴ パチンコ ハマり

レイヴ パチンコ ハマり

 背後から剣を突きつけてくる国を有り難がるほど、獣人は馬鹿ではない」「くっ、貴様……っ」「それとも、獣人らが裏切らぬよう監視するために兵を派遣しますか? それだけの余力が我が国にあるのでしょうか……」「我らを脅迫するのか⁉︎」「我々が今まで獣人にやってきたことから予想できうる今後を述べているだけですが

 へぇ……脅迫に聞こえますか」「⁉︎………………っ」 ガチャリと剣の唾を鳴らした一人を、横の一人が手で制す間に、シザーが俺の前に出ていた

 うっすらと細い瞳を開き、烱々とした視線を据えて闘気を漲らせる姿は鬼さながらだ

あなたも好きかも:アマテラス スケジュール スロット
 まさに一触即発

 彼らの怒りが限界地点まで高まるのをじっくりと観察してから俺は、ガラリと口調を変えた

「……どうして貴方がたは、獣人を自分と関わりない存在だと、簡単に思い込んでしまえるのでしょう……

あなたも好きかも:スロット ゴッド 打ち方
 貴方がたの死産したと言われる身内が、実は獣人である……という可能性を、考えたことはないのでしょうか」 急に調子を変えた俺に、彼らは虚をつかれたように言葉を詰まらせた

「貴方がたは、もう妻を娶られておりますよね」「は?」「な、なん……」「その妻から、耳や尾の生えた子が生まれないと、何故思えるのです? つい先程まで貴方の妻が、苦しみ、命懸けて産み落とした命です

あなたも好きかも:常陸大宮 パチンコ バイト
 ただ泣くだけのいたいけな命が、なんの悪事を働いて獣になったと思うのでしょう? それともそれは、貴方の悪事ゆえのことでしょうか? 貴方が犯した罪により、子が獣人に堕ちたと?」 ギクリとしてしまったのは、何も後ろめたいことなど無い人生を歩んでいる者など……いないからだ

 つい今も、大義のために少数を切り捨てる算段をしている

 もしくは親族に、獣人が出たことを知っていたり、疑っていたりするのかもしれない……

「先程申しました通り、獣人の血はもう、我々に余すことなく浸透しています

 貴方が思っている以上に、獣人は身近な存在ですよ

親族百人に二人、三人くらいは混じって当然というくらいに

 ……そうそう