ポケモン パール スロット

ポケモン パール スロット

 また、目的の機能を持つ遺伝子の特定と選別、という作業が事前に必要だとはいえ、我々は任意の機能を、素体魔物に対して積極的に改変を促すことに成功したと言えるだろう

 あとは有用な機能を持つ魔物、及び遺伝子を選定していく作業になる

9.機能の選定『迷宮』が目標として提示していた要件を再掲する

① 使用魔力を極限まで省力化できること② 長期間において効力を発揮すること③ 侵入者を無力化と同時に迷宮の防衛戦力として転用できること『迷宮』は休眠状態に入ろうとしている

休眠状態であっても有効な防衛手段は、なるほど侵入者を操り、仲間割れを誘発させながら殲滅を図るというのは素晴らしい発想だと評価したい

 この③を基準にして考えた場合、『迷宮』の意に沿うように操るには、迷宮産の魔物に見られるように、隷属させてしまえばいい

『迷宮』に意見を求めたところ、『魔物使役』というスキルを提示された

 これは魔物が自身の傀儡を作るために、精神なり肉体なりの制御優先権を獲得するスキルである

 このスキルが対象に効果を及ぼすためには条件がある

あなたも好きかも:スロット 25日 イベント
・『魔物』であること・基準よりもスキルに対しての耐性が低いこと ここで冒頭の『魔物とは何か』という議論が再燃してしまうが、一般的にヒューマンに対してはほとんど効果がない

侵入者がヒューマンであった場合、『魔物使役』の効果を及ぼすためには、対象を魔物化した後に魔物使役スキルの影響下に置く、という手順を踏まなければならない

あなたも好きかも:ラストエグザイル スロット
 つまり、迷宮に使役されている魔物が『魔物使役』スキルを使えればいいことになる

 同時に『魔物化』できる手段を持てば良い

 その他、筋力向上や俊敏さの向上など、魔法陣を『翻訳』して遺伝子に組み込み、ウィルスとして散布する機能を持つ…………

 生物として安定化が図れるのかどうか、という問題点を残しつつも、適合性のある魔物を選定していくことにした