スロット 学園黙示録 やめどき

スロット 学園黙示録 やめどき

……奉仕屋の人たち、何も知らないんでしょうけど」 顔も上げなければ返事もしない橋田に、女子はそれでも目を細めて続ける

「いい子を演じてる気分はどうなの? ……楽しいんでしょうねきっと

この前パッと見たとき、すごい笑顔だったのを見た

あなたも好きかも:篠崎 駅 パチンコ
……気持ちワル」 目を鋭く細めて不快げに吐き出すと、女子はゆっくりと椅子を立つ

「ついこの間、机にさ、知らない奴からの手紙が入ってたんだ

そこに書いてた

あなたも好きかも:gu パチンコ
……アヤとサナエとリサ、あんたにやられたんだってね?」 近寄ることはなく、ただじっと睨む女子の気配に、橋田は俯いたまま悲しげに目を見開いた

「ネットに流されて、アヤはもう無理だって海外に行った

サナエも遠くに行った

リサだって……ここからいなくなった

サナエなんて自殺し掛けたんだよ? ……あんたに騙されたのは私だけだと思ってたらさ」 話していて怒りが沸き上がったのか、女子は息を震わせ、左右に下ろしている腕の先、拳にギュッと力を入れた

あなたも好きかも:草津市 パチンコ 優良店
「あんたみたいな腐った奴、もう無視って感じだったけど……、なんなのよ? よくここに居続けられるわね? しかも奉仕屋に入り込んでさ

ヘラヘラしてさ

……何が目的なの? あそこの女子部員でも狙ってるの?」 怪訝に問われた橋田は眉間にしわを寄せて呼吸を速めたが、顔を上げることはない

ただ俯き突っ立つ彼に、女子は尚、疑い深く目を細めた

「あんたがどういう奴か、奉仕屋の人たちは知らないんでしょ? ……このままでいられると思ったら大間違いだからね

……アヤたちの恨み、私が晴らしてやるから」 その言葉通りだろう

低く告げた声に恨みがこもっている――

 射貫くような視線に、橋田は肩で息を繰り返し、間を置いて深々と頭を下げた