薄桜鬼 パチンコ プレミア

薄桜鬼 パチンコ プレミア

 それを繰り返していく内に、私は少しずつ落ちついてくる

「アルティさん……

ご主人様がラスティアラさんと二人でどこかに行ってしまいそうで、それで私――」「まだ大丈夫だ

あなたも好きかも:パチンコ ダーウィン
マリアちゃん

あなたも好きかも:バカラ シャンパングラス 種類
さっき、私はキリストと会った」「ご、ご主人様と……?」 信頼できる人が想い人の名前を出して、私は少しの安心を得ていく

「まだ、どこにも行っていない

すぐに家へ帰ってくる

心配しなくていいよ、マリアちゃん」「帰ってくる……?」 その少しの安心が、心の中で体積を増やしていっていく

「しかし、見たところ、キリストがラスティアラを助けに行くかどうかは、すまないが(・・・・・)私にもわからない(・・・・・・・・)

明日にならなければ……」「……明日、ですか?」 私は違和感を覚える

 『目』が矛盾を見つけたときの感覚だ

 しかし、私は信頼するアルティさんを疑いたくなくて、それを追求しない

なにより、いまとなっては『目』なんて信用できないというのもある