スロット 販売

スロット 販売

「私が役に立つ話だってのは覚えてるんだけど」 しかし弓花には、その記憶が掘り起こせない

昨日はポンコツだったのだ

 そして悩む弓花の横でタツオが風音に声をかける

『母上ー』「何、タツオ?」『この通りの周辺に描かれている人の顔はなんでしょうか?』 そう口にするタツオの視線の先にはゴツイスキンヘッドの男が描かれた紙がペラペラと貼られていた

あなたも好きかも:千歳船橋 スロット 国際センター
「んー、大闘技会以降の闘技会で無敗を誇ってる人だって書いてあるねえ

あなたも好きかも:ルーレット 入力
名前はバロック・ジーニアスっていうんだってさ」『お強いんでしょうか?』「さあ?」 当然風音は知らない

しかし昨日のブリックたちの話題に上がらなかったところをみると超越した強さの持ち主とかそんなわけでもないだろうと風音は考えた

『あんな禿げてる人よりも母上の顔が貼られている方が良いのに』「いや、あれは剃ってるだけじゃないかなぁ

多分だけど

それに私はもういいや」 大闘技会中は優勝候補として風音も同じように貼られていたのである

そして、そんな風音たちの会話によって過去の記憶が揺さぶられた人物がいた

それは弓花である

あなたも好きかも:西武新宿 パチンコ
「バロック? あれ、それって」「弓花、何か思い出した?」 風音の言葉に「えーと」と唸ってる弓花だったが、突然の声にその意識を奪われる