北海道 共和 パチンコ

北海道 共和 パチンコ

「それは……不謹慎な悪い事を聞いてしまいましたね……すみません」 レイの言葉を聞いたシュタラは俯《うつむ》き、苦々しく口を紡《つむ》ぐ

「ああ、いや……別に構わないさ

俺は聞いても良いって答えたんだからな

あなたも好きかも:福井市 パチンコ 優良店
街が無くなったのは数ヵ月前だけど……その街にはもう何も残ってなかったから……」 そんな雰囲気のシュタラを見、気を遣わせてしまったと話すライ

あなたも好きかも:ラブ嬢 掲示板 スロット
 敵とは言え、有意義な話し合いをしようと考えていたシュタラに悪い事をしてしまったと内心で反省する

あなたも好きかも:最新 パチンコ ニュース
「それに、街が無くなったお陰で仲間と出会えたんだ……元々ある目的の為に旅をするつもりだったけど、必ずしも今の仲間……レイ、エマ、フォンセ、リヤン、キュリテたちと出会えたかは分からないからな」 シュタラに向け、良い事もあったと告げるライ

 実際、街が無くなったからこそ全てのタイミングが噛み合ってレイたちと出会ったのも事実である

 仮に街が無くなっていなかった場合、祖母の遺体を回収するのにも時間が掛かり祖母の墓を建てる事も遅くなってしまっただろう

 街が無くなった事によって祖母の遺体を即座に回収でき、安らかに眠れるか定かでは無いにしても墓を建てる事が出来た

 そして旅立った事によってレイやエマたちと出会うタイミングが良くなったのだ

「ライくーん! 私の事をしっかりと仲間だと思っててくれたんだねー!」「……うぐっ!?」 バフッ

とライの話を静聴していたキュリテが突然ライへ飛び掛かり、ライに胸を押し付けて来た

 その柔らかく大きな何かによってライは窒息しそうになり、ジタバタともがく

「そうですか

……では、本来の目的であるシヴァ様が決めたルールを話しましょう」「……あ、ああ……頼む……」 キュリテの胸を押し退け、シュタラに向き直るライ

 湯船の中で動いた為、少し汗を掻いた様子だった

「……では、改めまして……」 コホン、と一息吐いて立ち上がり、シュタラは言葉を発する

「今回私が来た理由は自己紹介とシヴァ様が行おうと考えている戦闘のルール