6 号機

6 号機

 オレがいるのは温泉の側につくられた乗り場だ

 トッキーとピッキー、それにレーハフさんが作ってくれた

 屋敷にあるものより立派な乗り場だ

あなたも好きかも:リゼロ スロット テーブル
さすがレーハフさんと言ったところだ

あなたも好きかも:立川 スロット 1円
 ピッキーは、これを目標に屋敷にある乗り場を作り込むらしい

「親方は凄い人なんだ」 この乗り場からの風景を眺めていると、目をキラキラさせながら語っていたピッキーを思い出す

あなたも好きかも:ガロ パチンコ 期待値
 昨日で工事は一通りおわり、明日からは運営スタッフが入りリハーサルを始めるそうだ

「リーダ、そっちの調子はどうなんだ?」 まったりしていると、後ろから声をかけられた

 バルカンだ

「順調だよ

良い感じだ」「そうか、それならよかった

そうだ……昼を一緒にどうだ? デッティリアが簡単な料理を作っているぜ」「そっか

じゃ頂こうかな」 笑顔で頷き了承する

 温泉には今、オレとバルカン、そしてバルカンの知り合いであるデッティリアさんしかいない

もうすぐノアにクローヴィス、そしてロンロが合流する予定だ

 バルカンとデッティリアさんは、幼なじみらしい