バカラ カップ

バカラ カップ

「そうかのう」「この世の命運に関する重要な話なのです

三界の竜王、その一翼を担うあなたが参加せずに、だれが参加するというのですか」「それは……我が主たるセツナが」「こういうときだけ都合良く従僕面するなっての」「わしは常日頃からおぬしを主としてじゃな」「どこがだよ」 半ば呆れ果てかけつつも、セツナは、ラグナの小さな体を自分の頭の上に持って行った

あなたも好きかも:近く パチンコ店
すると、ラグナは、仕方がないとでもいわんばかりにセツナの頭の上に降り立つ

あなたも好きかも:一宮 スロット
「……まあ、よい

で、じゃ

ラングウィンよ、わしらを召喚したのは、どういう理由からじゃ?」「わたくしが召喚したのです

あなたも好きかも:ge パチンコ
あなたの想像通りの内容ですよ」「ふむ……」「そうか」 ラングウィンの威厳に満ちた発言にラグナとラムレシアが口を噤む

 セツナは、ラムレシアの厳しくなった横顔を見て、それからラングウィンに視線を向けた

 ラングウィンがセツナと竜王を召喚したということがどういうことか、少し想像力を働かせればだれにだってわかることだ

 三界の竜王が揃い踏みで、かつ、そこに最高戦力たるセツナを加えるのだ

考えられることはひとつしかない

「ネア・ガンディアに動きがあった、ということですね?」 セツナが尋ねれば、ラングウィンが厳かにうなずいた

「そうです」 ラングウィンが肯定すると、それまで柔らかかった甲板上の空気が、その一言、その一瞬で緊迫したものとなった