スロット リバティベル3

スロット リバティベル3

 槙田のいる右側は雪がほとんど溶けているので、展開自体は滞りなく進む

 だが水瀬のいる左側は移動がやはり遅い

 ここでは基本的に待ちの戦い方をするのが普通

あなたも好きかも:名古屋 キング パチンコ
 それを覆す必要があるこの作戦では、移動が一番の問題として挙げられた

 だが待っていては勝利できない

あなたも好きかも:多賀城 パチンコ
 策を講じるには陣を移動させなければならないことがほとんどだ

「左陣の様子はどうなっている?」「水瀬さんの水で雪は凍っているようですが、重い甲冑を着けている重装歩兵は移動に手間取っているようです」「そうか……

だが槙田の方が動いてくれていれば、問題はないか」 片方だけでも効果はある

 増援は絶対に間に合うだろうし、敵の突破力もそこまでではない

 見ている限りはそう見えるのだが……

 そこで、一人のウォンマッド斥候兵が走って来た

あなたも好きかも:スロット 閉店 取りきれず
「失礼します! 最前線の状況を報告します! 中型の魔物の後方に小型の魔物が待機しているようで、中型の突破力に混じって小型の魔物を差し込む策を講じている様です! 水瀬様がそう言っておられました!」「バネップ殿」「左がマズいな」 援軍の間に合う右側は問題がないとして、左側は移動に時間が掛かる

 小型の魔物が中をかき乱せば、隊は焦って連携が取れなくなる可能性が高い

「左に展開しているルーエン王国兵はどれくらいでライア率いる孤高軍と合流できる?」「今からですと十五分かと!」「長い……

ローデン要塞の兵を少しだけ裂いて増援に向かわせるのじゃ」「はっ!」 ウォンマッド斥候兵は大きく跳躍して前線へと走って行った

 彼であれば伝達も早そうだ

 水瀬の奇術のお陰で、敵前線の移動速度が低下しているとはいえ、その脅威は変わらない