gackt スロット

gackt スロット

 もう、子供たちと一緒に狩りに行くことは出来ない

妻たちと一緒に買い物にも行けない

最愛の家族を抱き締めることも出来なくなってしまった

 俺のあの置手紙が、家族への遺書になっちまった…………

 なんてこった…………

『嘘だ…………死にたくねえよ……………』 死にたくない

あなたも好きかも:パチンコ 悪質
 妻たちに会いたい

子供たちの所に帰りたい

あなたも好きかも:パチンコ 御殿場 コロナ
 また、家族と一緒に生活したい

 弱音は吐きたくなかったんだが、助からないという絶望が開けた大穴から漏れ出した弱音が、俺の口の中で膨れ上がり、俺はついにガルちゃんの前で弱音を吐いてしまった

『嫌じゃ…………リキヤ、死ぬなぁ…………! 子供たちは………どうするのじゃ…………! 妻たちを置いていくのか…………!?』 俺が吐いた弱音を聞いたせいなのか、ガルちゃんは治療を止めると、血まみれになっている俺の胸に小さな顔を押し付け、そのまま号泣し始めた

彼女は最古の竜だというのに、今の彼女はまるで父親にしがみついて大泣きする幼い子供だ

あなたも好きかも:バカラ シャンパン グラス 種類
 俺が死んだということを家族が知ったらどうなるだろうか? 間違いなくみんなを悲しませてしまうだろう

泣き崩れる妻たちと子供たちの姿を思い浮かべた俺の左目には、段々と涙が浮かび始めた

 どうすれば、家族を悲しませずに済む…………?『――――――リキヤ』『…………?』 俺の名前を呼んだガルちゃんが、血で真っ赤に汚れた小さな顔を俺の胸から静かに離す