パチンコ 北朝鮮 なんj

パチンコ 北朝鮮 なんj

 ミツキは当然のように考助のすぐ後ろに立っている

 もはや塔の管理者側の誰もカールの話を聞いていないと悟ってアレクが、ついに彼の話を止めた

「あの・・・・・・そろそろいい時間が経っていますので、本題に入っていただけませんか?」 聞きようによってはかなり失礼な言い方だが、それを気にする者は当の本人を除いて誰もいなかった

 ゲイツ王国側も同じような反応だったのは、アマミヤ側と同じような気分だったからだろう

「これだから一般の俗物は困る

私は塔の支配者同士の話をしているのだ

ただの代官風情は黙っていたまえ」 その言葉に、ようやく考助が反応した

「その代官風情を信任しているのは私なのですが、その彼に黙っていろと? ついでに私も黙っていましょうか?」「何をおっしゃる

貴方であれば、私の話も聞き入れてくれるでしょう?」 ようやく話をしだした考助に、ここぞとばかりに満面の笑みを浮かべたカール

あなたも好きかも:badboys スロット
 残念ながら、考助にはその笑顔は何の意味もなさなかったのだが

貴方の意味のない長話なら聞き流してました

あなたも好きかも:30日 イベント 福岡 パチンコ
できれば、もう一度話をしてもらえますか? 一言一句全く同じ言葉で」 勿論これは考助の冗談だ

 今まで話した言葉を一言一句違えずに話すことなど出来るはずもない

 分かり易い挑発をしたつもりだったのだが、分かり易い性格をしているカールは、しっかりとその挑発に乗ってくれた

「なっ・・・・・・!? そんなことが出来るはずが・・・・・・」「おや、おかしいですね

貴方の言葉だと、塔の管理者は時間が貴重だと仰っていた