ピグ オンラインゲーム

ピグ オンラインゲーム

美由紀の性格なら面倒事を排除しようという考えも理解できなくはないが、5年前ならまだ代表に就任していないはずだからだ

それに王族の暗殺は最善手とは言えないだろう

一時的にアストリアを混乱させることはできたとしても共和国の安定には決して繋がりはしないからな

それどころか今の状況のように戦争という最悪の局面を招く最悪の一手と言える

あなたも好きかも:エヴァ新台
そんな危険な判断を美由紀がするとは思えない

そしてそれは米倉宗一郎も同じだ

あなたも好きかも:スロット akb フリーズ
戦争を回避する為に和平を望み続けていた宗一郎が王族の暗殺を企むだろうか?どう考えても不自然だ

暗殺を指示するようには思えない

だとすればマールグリナの独断か?琴平重郎ならありえるのだろうか?5年前に琴平重郎が知事を務めていたのかどうか俺は知らない

もしかすると琴平重郎とは別の人物が知事を務めていて、独断で部隊を動かしていた可能性があるかもしれない

あなたも好きかも:男鹿 パチンコ 101
そもそもの前提として、潜入部隊の一員だった朱鷺田が暗殺の事実を知らなかったようだからな

真の作戦を理解していたのは部隊の中でもごく一部の限られた魔術師だけだった可能性もある

「あの事件で前国王の照栄(しょうえい)様は愛する家族を失うことになった

かけがえのない伴侶を失い

何人もの子を失った

お前が王都で殺したであろう現国王は照栄様の3番目のご子息であり、お世継ぎとしてただ一人の生存者だったのだ

そして共和国へ使者として向かったのは幸長(ゆきなが)様のご子息であり、第一王子の国定(くにさだ)様だったのだ!国定様は死を覚悟の上で共和国に向かったのだ!自らの命と引き換えに、宣戦布告を告げる為にな!」…ああ、なるほどな

懸命に語る阿久津の言葉を聞いて、ようやく全てを理解した