スロット カグラ やめどき

スロット カグラ やめどき

その場所なんだけど、どいた方がいいわよ」 見かけによらない気弱な声を出して、私達が座っているベンチを指さす彼女

   「壊れてるの、ここ」「そうじゃなくて……」 口ごもり、女の子は辺りを不安そうに見渡した

あなたも好きかも:スロット クライ
 自販機の周りにたむろしていた他の子達は、気まずそうに顔を背ける

あなたも好きかも:パチンコ 一日に回せる
「分かった、どけばいいのね」「あ、あの……」「いいの、どうもありがとう」 私はみんなを促して、窓際のベンチから移動した

 無理して座り続ける理由はないし、何より彼女の好意を大切にしたい

「そうよね、誰かの指定席かもしれないものね」 サトミが、含み笑いをして私の顔を見つめる

「少しは、あの時の私の気持ちが分かったんじゃない」   「古い話しないでよ」 中等部で初めてサトミと出会った時が、今と同じシチュエーションだった

 私がいつも座っていた食堂の席に、サトミが座ってたという

「揉める原因が無くなったからいいんじゃないの

あなたも好きかも:スロット 検定 情報
ここからだって、外は見えるんだし」 壁にもたれてコーラを口にするケイ

 皮肉っぽく笑いながら

「……何かすごいのが出てきたぞ

指定席の主だな、あれが」 ショウの言葉に反応してエレベーターを見てみると、何人もの女の子を引き連れた大柄な男の子がこっちに歩いてきていた

 人を射殺すような鋭い目付きと、機敏な身のこなし

 昨日出会った舞地さん達ともまた違う、独特の威圧感を放っている

 男の子は窓際のベンチに腰を下ろすと、左右に女の子を侍らしてジュースを飲み始めた

「羨ましい、という訳でもないな

数はともかく、女の子の質は断然勝ってる」 一応は聞かれないくらいの小声で呟くケイ