スロット 北斗 天昇 雪

スロット 北斗 天昇 雪

だがそれではだめなのだ

魔術師なのだから魔術を使って相手を攻撃するのは半ば必然的なこと

あなたも好きかも:ミラージュ パチンコ 船橋
そこで魔術を使わずに相手に攻撃を当てられるからこそ相手に圧力をかけることができるのである

あなたも好きかも:ぱちんこ 研修
実際文は康太が魔術を使わずに攻撃を仕掛け、なおかつ肉薄した際に強い圧力を感じていた

相手は魔術をまだ使っていないというのに追いつめられている

その事実は確かに相手にとって多大な圧力を与えることができる

実際に追い詰めているかどうかは必要ない

そう言う状況を作りさえすれば相手は勝手に精神的な威圧感を感じてしまうものなのだ

あなたも好きかも:スロット データサイト
なにせ魔術師の間合いは広い

基本的に懐に、特に槍の攻撃範囲に入るほどの距離に入られることなどほとんどない

そんな距離に入り込まれれば誰だって焦るだろう

「でもそれなら康太は接近戦での戦いよりも接近することを学ぶべきなんじゃ・・・」「私達もそうしようとしたんですけどね

どういうわけか康太君は相手に近づくことに関してはかなりいいセンスを持ってるんですよ

私と師匠が互いに全力で康太君を遠ざけようとしたとき、百回中八十回は懐に入られました」百回中八十回

まだせいぜい成功率八割だがその数字はかなり正直なものであると思えた

なにせ小百合と真理の二人の魔術師に対して八割の成功率で懐に入ることができているのだ

試行回数という意味でも康太は接近することに関しては最低限以上の実力、いやむしろ一人前以上を持っていると言っても過言ではない

「でもなんで距離を詰める事だけうまいんですか?普通はそう言うのに苦労すると思うんですけど・・・」「そのはずなんですけどね・・・どういうわけか康太君は攻撃されながらでも近づくのだけはうまいんですよ