マクロス3 パチンコ 曲

マクロス3 パチンコ 曲

 「まあ、いい

結局俺達は、自警局のいいなりなんだし」「あんた、そういう性格なのか」「意外と気が弱いんだよ、俺」 無言で視線を交わしあう私達

 この人が気が弱いなら、世の中に気の強い人は一人もいなくなる

 笑えもしないとは、まさにこの事だ

「俺も、どうでもいい」「それは、直属班としてか

それとも」「さあな

あなたも好きかも:桜台 駅前 パチンコ
とにかく、書類は渡した」 私達へ軽く手を振り、部屋を出ていく名雲さん

 曖昧な最後の答え

 彼がこの学校へ来た理由は、結局語られない

あなたも好きかも:パチンコ dステーション 錦糸町
 断片的に幾つか分かっているだけで、真実は分からない

 それは今、この時も

あなたも好きかも:ff14 ギルドオーダー ルーレット 解放
「おい、待てよ」  書類を机へ置き、名雲さんの後を追う塩田さん

  彼もまた、釈然としない思いがあるんだろう

「……あの男っ」 突然そう叫び、モトちゃんもドアを飛び出ていった

 まさか、名雲さんの事ではないだろう

「どうしたのかな」「塩田さんが逃げたから、追いかけたんだろ」 冷静に指摘するケイ

 そういう訳か

  しかし、あの男って