パチンコ アイゼン 淡路

パチンコ アイゼン 淡路

危険なのは承知の上、今すぐに海に行くのは自殺行為

それらを全て承知の上で、それでもと願う連中ばかりなのだと

「けれど、自殺志願者が集まったところで、周囲の同意を得られるとは限らない

あなたも好きかも:ルーレット アプリ web
そうね?」「イエス、マァム

その通りであります」「――だから、隠れてやってるってか」「考えはまとまったのか、コノミ」 ふんと、鼻で笑ったコノミは煙草を消し、吸い殻はポケットは入れた

あなたも好きかも:柳井市 ぱちんこ
「設計図の写しは何枚ある?」「なるほどね」 問いに対しては返答せず、面白そうに彼女は笑う

「黙らせられるのね?」「見て見ぬ振りをさせる程度だ

そこが最低ライン、違うか」「そうね」「いくらで売る?」「アフターサーヴィスにも余念がないねえ、二百だ」「交渉は引き受けた」 よろしい、と言った彼女が奥へ歩いて行く

コノミは吐息を落としながらも、天井を仰ぐようにして船を見た

「コノミ殿」「ん……いわゆる技術提供だ

海は禁忌、つまり造船技術そのものは、どこの国も所持していない

ワイズには、設計図そのものを押し付けて、黙らせる」「黙りますか?」「考えてもみろ――介入して、どうする? 技術があっても、海には出れない

介入すれば、ウェパード王国が船を作って外を目指そうっていう、外交問題になりうる

あなたも好きかも:目黒駅 スロット イベント
潰すにしたって、それだけの労力を割いてまで、得られるものがどこにある?」「……なるほど、実害がないのならば、黙認すると、そういうことですか」「そういうふうに、話をつける

悪いが最短で四日だ、カイドウと一緒にここで過ごしてくれ

話を通して、マルセル鉄鋼街で宿を取ってもいい」「諒解であります」「すまんな」「いえ、コノミ殿の方が強行軍でしょう

自分も船には興味がありますので」 言い換えれば、彼らは人質だ

もちろんコノミが戻らない、なんてことは、少なくともコノミの意志の中には存在しないが、それでも名目上は、戻る理由を作らざるを得ない

 戻ってきた彼女の手から、筒状になった洋紙を受け取り、軽く広げて内容を見たコノミは、確かに預かったと言ってそれを懐の中へ