to4 パチスロ

to4 パチスロ

「何かな」「はい?」「なぜかは知らんけど、セインは信用できる、って感じがした」 セインは面食らって固まる

 身に帯びた密命も、隠した弱音も

 タガネは自分に吐露してくれた

 それは信頼していたからこそである

 どことなく、彼に似ている雰囲気の持ち主のチゼルからその言葉を得て、顧みた過去の中にあるタガネの姿がまた違う視点で見られた

 自分は信頼されていた

あなたも好きかも:パチンコ うしお
『今まで、ありがとう』 剣爵ではない

 だが、チゼルに言われて心の霞が晴れた

あなたも好きかも:パチンコ つかさ 田崎
 一抹の疑問すら無い

「それなら、何よりです」 セインは麗らかな笑みを浮かべた

 星空の髪のセイン

あなたも好きかも:パチンコ チェリー 南区
 彼女は生涯を剣爵へと消尽する

 いつ訪れるかも知れない死を長く待ちながら、今日もきょうとて、あの男が遺した物を見守る日々に勤しんだ

「よかったわ、本当の気持ちが聞けて」「母上は意地悪です」 ファリアは、涙を止められないまま、ミリアを睨んだ

不細工な表情になっていることを自覚するが、そればかりはどうしようもない

感情の奔流は留まることを知らなかった

想いが溢れている