石川県 パチンコ 一番

石川県 パチンコ 一番

出来れば、私は師匠の"遺言"を賛同する形で守りたいですから』ジュリアンや、友だちのアプリコットや、ロブロウとい場所が好きだけれども、まだ"国"が好きという気持ちを持てないエリファスは、そこまでして、守りたい気持ちを知りたかった

確りとした返事を聞いて、ジュリアンは安心して頷いた

『よし、じゃあ

そろそろ"寝ようか"』いつもの様に就寝前の台詞を口にしながら、ジュリアンは最後の仕上げのように、持っていた銃に関する道具や、金の腕輪や指輪もエリファスの鞄に移した

穏やかな表情でありながら、その躊躇いのない行動に、どうしても弟子の心は、寂しさに冷える

あなたも好きかも:3/3 スロット
『―――はい』『とりあえず、俺はこの後、この国の何処かで適当にキザにくたばるから、エリファスは誰か俺を知っている奴にあったなら、"格好良くくたばった"とでも言っておいてくれ』エリファスに譲り渡す物に不備がないか、指差し点検しながら、師となる男を極めて明るく言っていた

『ねえ、師匠

私は出来れば、ジュリアン・ザヘトの、"父さん"の最後を看取って―――』ジュリアン・ザヘトという人に残された時間が少ないという現実は、受け入れる覚悟は決めることが出来た

だから、"ジュリアンの死"をしっかりと受け止めるから、"最期"まで側に居たい

あなたも好きかも:パチンコ 左打ちに戻してください
そんな気持ちで言葉を口にしたけれど、優しくも残酷な人は、弟子が"お願い"を言いきる前に、鞄の確認を終えて立ち上がり、脚で大地を蹴って焚き火を消した

『悪いな、俺の最後は、今日の昼間みたいなアクシデントでない限りは、惚れた女に看取っもらうって決めてるんだ

それでなきゃ、前のめりで孤独に格好良く一人で逝くってな

というわけで、歯を磨いて寝ようか』そういって、穏やかな月明かりの闇の中で手を差しのべた

諦めて、差し出されたジュリアンの手に、エリファスは左手を重ねる

月明かりで、照らされた重ねられたエリファスの指は、銃の練習で、幾らか逞しい感じは否めないが、しなやかに綺麗な指だった

―――ジュリアン

巫女の衣装を纏った"エリファス"が、あの絵本の1ページと同じ様に、自分に手を差し伸べる姿が綺麗に思い出せた

その薬指にぴったりな指輪を贈ってあげたくて、見つめていたのも思い出す