パチンコ 朝一 ガロ

パチンコ 朝一 ガロ

あなたも好きかも:モンハン ワールド スロット 曲 変化
小説はどこまでも突き詰めていける マンガやアニメ、ドラマや映画で「面白い」「楽しい」と思ってもらえるのは実はとても簡単です

視覚に訴えて受け手の関心を惹くだけでいい

 ストーリーが陳腐であっても「感動的な絵面」があれば受け手は感動しますし、寄席では「ジョークで場がどっと湧く」と受け手も「面白い」と感じます

 コントなんてただ眺めているだけでも笑えてきますよね

とくにハナ肇とクレイジーキャッツ、ザ・ドリフターズ、コント55号

最近はウッチャンナンチャンの内村光良氏のコントは見た目からしてすでに笑える要素が満載です

あなたも好きかも:パチンコ 錬金術
 では小説はどうでしょうか

小説は視覚に直接訴えかけることができません

あなたも好きかも:パチンコ 老人 死亡
読み手は文字を見て単語を知り、一文を見て文意がわかる

文章を読んで初めて物語がわかる

そういう表現媒体です

 だからマンガやアニメのように簡単に「面白さ」「楽しさ」を与えることはできません

 逆に考えてみましょう